2017年09月/ 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月
--.--/-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 芸能ブログ 男性芸能人・タレントへ にほんブログ村 美容ブログ コスメへ

--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2013.03/30 (Sat)

「白竜の花嫁 -朽ちゆく竜と幸いなるもの-」

永野水貴さん著 一迅社文庫アイリス 2013年3月の新刊
「白竜の花嫁 -朽ちゆく竜と幸いなるもの-」


白竜の花嫁 朽ちゆく竜と幸いなるもの


「-私が、欲しいのだろう?」竜の“花嫁”となった小国の姫、澄白とその夫である白竜のシュトラール。ゴルト族の竜、ザフィアの情報から古王国に赴いた澄白たちを待ち受けていたのは、始種の骨を略奪した黒竜、サルグ・アーセファだった!彼の真意が掴めないまま、澄白たちは古王国に滞在することになるが…。かつて竜に愛された人の王の国で、澄白はシュトラールへの想いと向き合うことになってー。人気作第四弾。
(「BOOK」データベースより)


永野水貴さんの「白竜の花嫁」第4弾!「白竜の花嫁 -朽ちゆく竜と幸いなるもの-」。

新キャラ登場です。
竜人側は、シュトラールの養い子であるヘルツの母であるアメテュストの姉・ザフィア。
人間側は、古王国の女王でサルグ・アーセファと契約を結んでいるオルキスなど。

ザフィアが持ち帰った情報から、サルグ・アーセファが古王国・ラディエスにいることを知ったシュトラールと澄白。
ラディエスは、竜と人の子であるヘルツの生まれた国で母であるアメテュストが逝った地でもあるという、なんとも因縁めいた国。

自分以外の人間(特に女性)に囲まれるシュトラールをみて嫉妬というか、シュトラールに対して独占欲を自覚する澄白。
が、その気持ちがどこから来ているのかは、気付いていないのか、敢えて気付かないようにしているのか・・・

澄白とシュトラールの仲は進展はしませんが、物語は動いていきます。

サルグ・アーセファが契約を結んだ女王が治める古王国・ラディエスは、澄白の母の一族である<払暁の一族>と関係しているようで・・・しかも、彼らはおぞましい“技術”に加担しているらしく・・・

衝撃のラストで次巻に続く- になってます!

最初は、1巻完結のお話だと思っていた「白竜の花嫁」。
巻が進むにつれ、面白さ倍増!
今回は、特に早く続きが読みたい!


【送料無料】白竜の花嫁 朽ちゆく竜と幸いなるもの(仮) [ 永野水貴 ]

スポンサーサイト

タグ : アイリス 少女小説 ライトノベル

人気ブログランキングへ にほんブログ村 芸能ブログ 男性芸能人・タレントへ にほんブログ村 美容ブログ コスメへ

20:04  |  アイリス  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sakuracp.blog71.fc2.com/tb.php/703-a74261eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。