2017年11月/ 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月
--.--/-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 芸能ブログ 男性芸能人・タレントへ にほんブログ村 美容ブログ コスメへ

--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2013.02/10 (Sun)

「霧の都の恋人たち -貴婦人の恋は珈琲の香り-」

小田菜摘さん著 コバルト文庫 2013年2月の新刊
「霧の都の恋人たち -貴婦人の恋は珈琲の香り-」


霧の都の恋人たち 貴婦人の恋は珈琲の香り


裕福な地主の娘でありながら職業婦人に憧れ、看護婦になったアデライド。有能だが不器用な性格で友達がいないため、イギリス滞在中のエスニア公国の公子・クリスティアンが極秘入院する特別室の担当をまかされる。安静にしていなければいけないのに、夜会へ出席したがるクリスティアンにアデライドは反発を覚える。しかし、彼が夜会にこだわる本当の理由を知り…。
(「BOOK」データベースより)


小田菜摘さんの新作は、19世紀のロンドンが舞台の「霧の都の恋人たち -貴婦人の恋は珈琲の香り-」!

女は結婚して家庭に入ることが普通であり、理想とされていた時代に、新聞記者である職業婦人の叔母に憧れ、看護婦になったアデライド。

手に職を持つ事を尊敬し、どんな身分の者も職を得られるということは素晴らしいことだと考える、異国の公子・クリスティアン。

公子としての責務をまっとうしようとするクリスティアンのその人柄と価値観にふれ、職業婦人を目指しながらも自身も唾棄していた古い価値観に捕らわれていることを痛感したアデライド。

家庭に入るか、仕事を持つか、そんな二者択一できる人は裕福層のみ。
仕事を得たくても学ぶことができない貧民層の人からみると選択できることは、遥かに幸せ。
そんな時代に、きちんと学び看護婦となったアデライドは、高い能力を持ちながら、貧民層出身のために学ぶことができず、アシスタント止まりで仕事に対するやる気を失い辞めていった同僚や看護婦としての仕事を通じて、それませ漠然としていた思いを新たに、仕事を選ぶことを決意しますが・・・

それでも、やっぱり女の子!
仕事に生きる決意をしても恋だってするし、好きな人ができればその人との将来だって望んでしまう!

そんな中で互いに尊敬し合い、惹かれあったアデライドとクリスティアン。
けれど、世間の価値観やお互いの身分差を考えるとままならない恋で・・・

二人の恋の行方はどうなるのでしょうか。



【送料無料】霧の都の恋人たち [ 小田菜摘 ]


スポンサーサイト

タグ : コバルト文庫 少女小説 ライトノベル

人気ブログランキングへ にほんブログ村 芸能ブログ 男性芸能人・タレントへ にほんブログ村 美容ブログ コスメへ

20:54  |  コバルト文庫  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sakuracp.blog71.fc2.com/tb.php/676-5a89916a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。