2017年06月/ 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月
--.--/-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 芸能ブログ 男性芸能人・タレントへ にほんブログ村 美容ブログ コスメへ

--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2012.06/14 (Thu)

「花嫁の選択 -悠久の大河は紅涙を呑む-」

小田菜摘さん著 コバルト文庫  「花嫁の選択」第4弾
「花嫁の選択 -悠久の大河は紅涙を呑む-」


花嫁の選択 悠久の大河は紅涙を呑む


極東のサイ国から、西へ移動するイリーナと夫である皇子アスライ。その道中、不審な動きがあるという属国パラスティンに立ち寄ることにした。広大なマラティ河が流れ、冬でもイリーナの祖国の夏ほどに暑い国。宗主国の妃としてイリーナも歓迎されたが、どうも腑に落ちないことが多い。そしてイリーナの命が狙われる事件が起こり…!?肉親への愛と恋人への愛。イリーナは何を思うのかー。
(「BOOK」データベースより)


属国パラスティン王家で起こった、第一王子カウティリヤへの謀反の疑いや先王暗殺疑惑。
宗主国の皇子として調査するアスライとイリーナ。

そこで明らかになるのは、自分の産んだ子供である第二王子を王座につけるための、王太后の陰謀。
その実行犯が、パラスティン王国の裏切りにより滅ぼされたマンディール王家の生き残りの王女・シェラスィーター。
カウティリヤは、シェラスィーターに惹かれていて、シェラスィーターもまた同じ。
復讐のために父王を殺されても、その想いゆえにシェラスィーターを庇っていたカウティリヤ。

宗主国と属国。
支配する側とされる側。

従属の証としてアスライに嫁いだイリーナは、まさにこの関係な訳ですが・・・
お互いに想い合うことによる葛藤の答えが出た完結巻!

それが、“赦せなくても、呑みこむことはできると思う”という一言に集約されてます。

イリーナ同様、ストンと胸に落ちました。


【送料無料】花嫁の選択(悠久の大河は紅涙を呑む)
【送料無料】花嫁の選択(東で石は宝珠に輝く)
【送料無料】花嫁の選択(風の国の妃は春を忍ぶ)
【送料無料】花嫁の選択


スポンサーサイト

タグ : コバルト文庫

人気ブログランキングへ にほんブログ村 芸能ブログ 男性芸能人・タレントへ にほんブログ村 美容ブログ コスメへ

21:25  |  コバルト文庫  |  TB(1)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sakuracp.blog71.fc2.com/tb.php/570-d509dcfc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

●まとめtyaiました【「花嫁の選択 -悠久の大河は紅涙を呑む-」】

小田菜摘さん著 コバルト文庫  「花嫁の選択」第4弾 「花嫁の選択 -悠久の大河は紅涙を呑む-」 極東のサイ国から、西へ移動するイリーナと夫である皇子アスライ。その道中、不
2012/06/19(火) 03:18:36 | まとめwoネタ速neo

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。