2017年05月/ 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月
--.--/-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 芸能ブログ 男性芸能人・タレントへ にほんブログ村 美容ブログ コスメへ

--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2012.03/21 (Wed)

「妓楼には鍵の姫が住まう-黄泉がえりの人形-」

水瀬桂子さん著 f-Clan文庫 「妓楼には鍵の姫が住まう」第2弾
「妓楼には鍵の姫が住まう-黄泉がえりの人形-」


妓楼には鍵の姫が住まう 黄泉がえりの人形


死人を見る目を持つ誠二と、化け物姫の異名をとる紅羽。いつの間にやら『お気に入り』となった誠二は、紅羽と奇妙に和む交流を続けていた。そこに、供養人形が消え、死んだはずの娘が目撃されたという怪異が持ち込まれる。事を調べる中であらわになる、紅羽の従者・十夜の壮絶な過去と哀しい願い。紅羽に託され十夜を救おうとする誠二だったが、此度の怪異には兄が関わっていて…。
(「BOOK」データベースより)


黒船来航後も江戸時代が続き、妖怪やいわゆる“化け物”たちが守り神とされる世界の「妓楼には鍵の姫が住まう」。

赤ん坊の頃に一度死んだはずが生き返り、その時に色の変わった左目に死人の姿を見ることができる“死人視”の誠二。
自分が死んでいるのか、生きているの分からずに、人間であるかにも自信が持てず、どこか投げやりに生きていた誠二が出合った“鍵姫”こと紅羽もまた、人外のものと人との間に生まれたとされ、化け物姫の異名を持ち、吉原の“守り神”とされる存在で・・・

そんな二人の元に舞い込んだ今回の事件は、天才人形師・朧が作った消えた供養人形を探して欲しいというところからスタート。
天才人形師・朧が作る供養人形は、自分で動くことがあるということから、ただの窃盗事件ではないようで・・・

どこか投げやりに生きていた誠二が紅羽と出合い、死人視の自分を受け入れ始めたことで、確実に変化していく誠二の世界。
これまで厄介者扱いでロクに目も合わせなかった実家の奉公人たちとの関係もかなり変わった様子。

自分が変われば、周りも変わる。

普通の人間ではない、けれど、化け物でもない。
そんな誠二と紅羽の二人が作る人間関係が、切なくて、温かくて好きです



【送料無料】妓楼には鍵の姫が住まう(黄泉がえりの人形)
【送料無料】妓楼には鍵の姫が住まう(死人視の男)


スポンサーサイト

タグ : f-Clan文庫

人気ブログランキングへ にほんブログ村 芸能ブログ 男性芸能人・タレントへ にほんブログ村 美容ブログ コスメへ

19:12  |  f-Clan文庫  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sakuracp.blog71.fc2.com/tb.php/529-11669971
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。