2017年08月/ 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月
--.--/-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 芸能ブログ 男性芸能人・タレントへ にほんブログ村 美容ブログ コスメへ

--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2012.02/27 (Mon)

「白竜の花嫁 -異邦の騎士と銀翼の黒竜-」

永野水貴さん著 一迅社文庫アイリス 「白竜の花嫁」第2弾
「白竜の花嫁 -異邦の騎士と銀翼の黒竜-」


白竜の花嫁 異邦の騎士と銀翼の黒竜


「あなたこそが、私の剣を捧ぐべき姫」。竜の“花嫁”として捧げられた山城国の姫、澄白。夫となった竜のシュトラールと心を通わせ、穏やかな日々を過ごす彼女の前に現われたのは、遠方より飛来した黒竜だった。彼らと地上に降りた澄白は、そこで傷ついた異国の青年と出会う。彼女に救われた青年は、いつしか澄白に惹かれていき…。自らの花嫁を欲する男たちの存在は、シュトラールの内に熱い想いを宿らせるー。人気作第二弾。
(「BOOK」データベースより)


てっきり、1巻完結かと思っていたので、続編が読めるとは思っていなかった「白竜の花嫁」の第2弾、「白竜の花嫁 -異邦の騎士と銀翼の黒竜-」。

前作では、澄白の兄である“人間”に襲われた竜族のゴルト族。
今作では、同じ竜族であるフェッダ族に襲われることに!
フェッダ族の狙いは、ゴルト族の持つ<始種>の骨。
結局、フェッダ族の策略にハマり、<始種>の骨は奪われてしまうのですが・・・
<始種>の骨を奪ったゴルト族が何をしようとしているのかは、まだ不明です。

その紅い瞳のために人々から“忌み姫”と蔑まれていた澄白ですが、今回はモテモテです

異国から山城の地へやってきた騎士・ヴェルミリオンやフェッダ族のサルグ・アーセファに好意や興味を持たれてしまう澄白ですが・・・本人は、あまり気付いていない様子。

一応は、澄白の“夫”であるゴルト族のシュトラールは、そんな澄白に近づく男たちが許せないようで・・・
ただ、人間でいう“愛情”というものが分からないシュトラールは、自身の感情を持て余し気味。
恋愛に疎い澄白にしてもそれは同じようで・・・
でも、澄白とシュトラールが本当の意味で夫婦になれる日も近い!?
と思わせる「白竜の花嫁」の第2弾です。

ただ、それはそれで切ない気もしますが・・・
なんといっても“人”と“竜”では、その寿命の長さが違い過ぎますから
その辺が、澄白の心にブレーキかけてるんでしょうね~きっと。



【送料無料】白竜の花嫁(異邦の騎士と銀翼の黒竜)
【送料無料】白竜の花嫁


スポンサーサイト

タグ : 一迅社文庫アイリス

人気ブログランキングへ にほんブログ村 芸能ブログ 男性芸能人・タレントへ にほんブログ村 美容ブログ コスメへ

00:03  |  アイリス  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sakuracp.blog71.fc2.com/tb.php/517-61c615b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。