2017年08月/ 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月
--.--/-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 芸能ブログ 男性芸能人・タレントへ にほんブログ村 美容ブログ コスメへ

--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2012.02/25 (Sat)

「花嫁の選択 -東で石は宝珠に輝く-」

小田菜摘さん著 コバルト文庫  「花嫁の選択」シリーズ第3弾
「花嫁の選択 -東で石は宝珠に輝く-」


花嫁の選択 東で石は宝珠に輝く


東の大国・サイの首都ジョングァンにやってきたイリーナ。夫であるアスライが総督に任命されたからだ。ならば世界帝国オルドブライの次期皇帝にも、アスライが指名されるのではないか。出生に疑惑がある彼を、皇帝が息子と認めたのだ…嬉しく思うイリーナだったが、サイ国でのアスライに対する反発は強い。アスライは、サイで古来より続いてきた“官試”を廃止するつもりなのだがー。
(「BOOK」データベースより)


オルドブライ帝国の第一皇子でありながら、その出生には「実は皇帝の息子でなないのでは・・・!?」という疑惑のため、誰よりも皇帝の息子らしくあろうとしたアスライ。
東の大国・サイの首都ジョングァンの総督に任命されたことから、次期皇帝は、アスライか!?と思われていたのですが・・・
サイで古来より続いてきた“官試”の廃止を巡る陰謀の中、最終的には、アスライはジョングァン総督を退任し、次期総督をアスライの異母弟である第三皇子・メルキデイが務めることに。
一連の騒動から次期皇帝となるのは、アスライではなく、このメルキデイであることも判明。

皇帝の座に特に執着せず、周囲への影響などを冷静に判断するアスライと皇帝であり、父であるラドウの息子への愛情が伺えます

アスライを兄として敬愛するメルキデイは、前作でも登場していましたが・・・もう少し子供っぽいイメージだったような気がして、少し違和感があったのですが・・・まぁ、成長途中!ということですかね

冷静沈着なアスライですが、悩みや心の闇がないわけもなく・・・そんなアスライを支えるのは、やっぱりイリーナ。

新たな領地を賜ったアスライとイリーナの旅は、まだまだ続きそうです


【送料無料】花嫁の選択(東で石は宝珠に輝く)
【送料無料】花嫁の選択(風の国の妃は春を忍ぶ)
【送料無料】花嫁の選択



スポンサーサイト

タグ : コバルト文庫

人気ブログランキングへ にほんブログ村 芸能ブログ 男性芸能人・タレントへ にほんブログ村 美容ブログ コスメへ

21:06  |  コバルト文庫  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sakuracp.blog71.fc2.com/tb.php/514-bd41cb28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。