2017年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月
--.--/-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 芸能ブログ 男性芸能人・タレントへ にほんブログ村 美容ブログ コスメへ

--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2012.01/21 (Sat)

「九龍夜想曲 -囚われし夜の華-」

ゆきの飛鷹さん著 一迅社文庫アイリス
「九龍夜想曲 -囚われし夜の華-」


九龍夜想曲 囚われし夜の華


九龍最大のマフィア“光龍”の暗殺者、流華。彼女の生きる意義は、ボスの仁烈に忠誠を誓い、彼の命令を忠実にこなすことだった。ある日彼女は、流華自身も知らない過去に関わる青年と出会う。何にも揺らがない流華の心をとらえた男ーそれが敵対勢力の首領・煌炎だと気付いた流華だが、彼のとこを忘れられず…?東西の文化が混ざりあう九龍を舞台に『自分』を失った少女と、彼女を狂おしく求める青年の切なく激しいラブロマンス。
(「BOOK」データベースより)


いわゆる少女小説というジャンルで香港マフィアのお話しというのは、ちょっと珍しいなぁ~と思い読んでみました

“女妖”という黒い手を自身の体のうちに宿し、操ることのできる流華。
そんな流華に目をつけた九龍最大のマフィア“光龍”のボス・仁烈によって記憶を封じられた上、洗脳され、暗殺部隊の一員として仁烈のためにだけ生きる流華。
そんな流華に記憶と自身の感情や意思を思いださせたのが、光龍の敵対勢力の首領・煌炎。
流華と煌炎は、いわゆる幼なじみ。
幼い頃に仁烈によって、引き離された流華を取り戻そうとする煌炎。

ん~お話し自体は、面白要素満載だったように思うのですが・・・
なぜか読了後、残念な感じがしてしまうのは、なぜでしょう・・・


【送料無料】九龍夜想曲

スポンサーサイト

タグ : 一迅社文庫アイリス

人気ブログランキングへ にほんブログ村 芸能ブログ 男性芸能人・タレントへ にほんブログ村 美容ブログ コスメへ

14:14  |  アイリス  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sakuracp.blog71.fc2.com/tb.php/496-206360ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。