2017年07月/ 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月
--.--/-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 芸能ブログ 男性芸能人・タレントへ にほんブログ村 美容ブログ コスメへ

--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2011.11/07 (Mon)

「そして花嫁は恋を知る-想いは砂色の聖地に集う-」

小田菜摘さん著  コバルト文庫「そして花嫁は恋を知る」シリーズ第12弾
「そして花嫁は恋を知る-想いは砂色の聖地に集う-」


そして花嫁は恋を知る 想いは砂色の聖地に集う


カラ・ブライ王国の後妻になることが決まっていたブラーナ皇女のリュビア。だが、王の急死により、その息子アレグとの結婚に変更されてしまう。おまけにブラーナ皇帝である兄は面度な「持参金」を追加していた。紛争の火種となる聖地ハバト峡谷を押しつけられたのだ。ある理由から、夫となるアレグを警戒していたリュビアだったが、結婚する前から彼に頼らざる得ない状況に陥って・・・!?
(「BOOK」データベースより)


大好きな「嫁恋」シリーズの新作です

政治のことや国際的な問題などに関わったこともなかったヒロイン・リュビアは、ヒーロー・アレグと婚約したことで一遍。
宗教絡みのいきなりの難題に一国の王妃として対応しなければならず・・・

アレグは19歳とは思えないほど大人です。
が、時折みせる子供っぽいというか、年相応な感じの反応にニンマリです。
リュビアもそこに惹かれたでは・・・!?

宴席で料理の蟹と格闘するアレグをリュビアがサラッと手助けするシーンがツボです
(蟹を食べやすいようにポキっと折ってあげるだけなんですけど・・・)

熱心なルシアン教徒で神聖軍の隊長でもあるナヴァール王国の王子・ルヴィックも好きなキャラ。
バカ正直というか、自分の信念に自信を持っているというか・・・
でも、悪い人じゃないのよねっ的な感じがなんともいえず・・・

ウラもオモテもある聖王庁とルヴィックみたいな人との対立も見てみたい気がします。

作中のアレグの「・・・物質的には無理でもせめて心を、それでもだめなら来世でもいい、なんとかして不幸な人を救いたい。最初に信仰を作りだしたのは、そういう人間ではなかったのかと俺は思う。」と言う言葉に妙に納得してしまったのでした。



【送料無料】そして花嫁は恋を知る(想いは砂色の聖地に集う)

スポンサーサイト

タグ : コバルト文庫 そして花嫁は恋を知る

人気ブログランキングへ にほんブログ村 芸能ブログ 男性芸能人・タレントへ にほんブログ村 美容ブログ コスメへ

00:03  |  コバルト文庫  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sakuracp.blog71.fc2.com/tb.php/447-7a0027bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。