2017年05月/ 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月
--.--/-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 芸能ブログ 男性芸能人・タレントへ にほんブログ村 美容ブログ コスメへ

--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2011.09/13 (Tue)

「首の姫と首なし騎士」

睦月けいさん著 角川ビーンズ文庫 「首の姫と首なし騎士」

首の姫と首なし騎士


大陸の中心・フォルモント国。建国の英雄ジョセフの孫、シャーロットは、本を愛するインドア派の末っ子姫。自分を飾らず、お見合いにも失敗ばかりの彼女は、父王から“首なし騎士”、アルベルト・ホースマンと狩りに行けと命じられる。戦乱の時代、数々の首級をあげたという彼は、まるで抜き身の刃。しかもシャーロットを次の主候補に選び、つきまとってきて!?選考委員全員が大注目。第9回小説大賞、奨励賞受賞作。
(「BOOK」データベースより)


フォルモント国の建国の英雄ジョセフ王の忠実な騎士であり、戦乱の時代、幾多の敵の首を笑いながら刎ねていったことから“首なし騎士”と呼ばれるアルベルト・ホースマン。
そのアルベルト・ホースマンが唯一主と認めたジョセフ王の遺言により、自分が仕えるに相応しいと認める“王の資質”がある者を見定めるため、主なき後も王城に留まるアルベルト・ホースマン。
アルベルト・ホースマンが目をつけたのは、ジョセフ王の孫で現フォルモント国の4番目の姫・シャーロット。
内向的でインドア派の、しかも王位継承権もない“姫”のシャーロットは、大いに戸惑いますが・・・

王位継承権を巡るお話しのようで、実は、王族といえど一つの“家族”のお話しという気がします。

建国の英雄ジョセフ王の孫娘と自分に忠実な騎士への愛情が感じられるんですよね~

ちょっとミステリー風で、面白くって、ついついノンストップで読んでしまいました

著者の睦月けいさんは、この「首の姫と首なし騎士」がデビュー作らしいですが、今後の作品も期待しちゃいます!


【送料無料】首の姫と首なし騎士


スポンサーサイト

タグ : ビーンズ文庫

人気ブログランキングへ にほんブログ村 芸能ブログ 男性芸能人・タレントへ にほんブログ村 美容ブログ コスメへ

00:03  |  ビーンズ文庫  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sakuracp.blog71.fc2.com/tb.php/413-61bb2656
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。