2017年05月/ 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月
--.--/-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 芸能ブログ 男性芸能人・タレントへ にほんブログ村 美容ブログ コスメへ

--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2010.11/17 (Wed)

「子守り魔王と姫騎士団長~神々の祝宴~」

11月15日発売の「子守り魔王と姫騎士団長」の新刊「子守り魔王と姫騎士団長~神々の祝宴~」
読みました~

子守り魔王と姫騎士団長神々の祝宴

「子守り魔王と姫騎士団長~神々の祝宴~」
「トラロックのことが好きだろう?」─危篤から回復したルシオは、ケツァルコアトルの意識のまま、すっかり改心した様子。彼にトラロックへの恋心を指摘されたクレアは、ようやくその想いを自覚し始める。同じ頃トラロックは、神々を襲う謎の狂気に侵食されていた。血肉への激しい餓えと破壊欲…消滅していた太陽争いの記憶が甦ると同時、魔王は愛すべき少女を毒牙にかける─!太陽が眠り、神々が狂った世界を人を救えるか?そして“神”と“神殺し”と“姫騎士団長”、三角関係の恋の行方は!?─。
(「BOOK」データベースより)


「子守り魔王と姫騎士団長」も今回で完結!

おさんどん好きな心優しき魔王・トラロックと皇女でありながら騎士団を率いる運動神経ゼロの姫騎士団長・クレア。
トラロックとクレアのほのぼのシーンが好きだったのですが、今回はトラロックが狂気に犯され、理性をなくし、今まで守るべき存在だったクレアに牙を剥き・・・という展開で・・・

前作で自分の命を狙っていた神々2人が今回はクレアの味方で、いつも守ってくれていたはずのトラロックを倒さなければならなくなったクレアですが、ラストは、なんだか丸く収まった!って感じです。

「“神”と“神殺し”と“姫騎士団長”、三角関係の恋の行方は!?─。」
とありますが、こちらはハッキリとした進展はなし。
というか、皇女であり騎士団長である自分の立場を全うしようするクレアには、恋はしばらくおあずけという感じでしょうか。
いやっクレア自身トラロックが好きという自分の気持ちには気付いているので、残念なのは“神殺し”の名を持つ副団長・アルベルトでしょうか

好きなキャラは、クレアの亡き弟に化けたセシルことテスカトリポカ。
今回はなんだか大活躍だった。
セシルことテスカトリポカがクレアに対する挨拶変わりのセリフ
「姉上、ご存命か」が好きです

トラロックもテスカトリポカも結局、クレアに出逢って救われた感じ。
この二人、魔王といえど神様なんですよね。
神様も一人は淋しいのね。やっぱり・・・
なんて、思ったりもしたのでした。

子守り魔王と姫騎士団長


子守り魔王と姫騎士団長
子守り魔王と姫騎士団長(緑眼の咎人)
子守り魔王と姫騎士団長(神々の祝宴)


スポンサーサイト

タグ : ビーズログ文庫

人気ブログランキングへ にほんブログ村 芸能ブログ 男性芸能人・タレントへ にほんブログ村 美容ブログ コスメへ

21:34  |  ビーズログ文庫  |  TB(1)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sakuracp.blog71.fc2.com/tb.php/220-a7e503a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

●シドニアの騎士 3巻

最初からストーリーや
2010/12/30(木) 14:34:02 | マンガ情報サイト

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。