2017年08月/ 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月
--.--/-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 芸能ブログ 男性芸能人・タレントへ にほんブログ村 美容ブログ コスメへ

--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2013.04/17 (Wed)

「首の姫と首なし騎士 -裏切りの婚約者-」

睦月けいさん著 角川ビーンズ文庫 2013年4月の新刊
「首の姫と首なし騎士 -裏切りの婚約者-」


首の姫と首なし騎士 裏切りの婚約者


王族の突然変異、末姫シャーロットがついに婚約。しかも相手は“愛人二十人”と噂される豪商エルマー家のセシル。驚きが駆け巡るなか、シャーロットは王族の婚姻が認められるまでに必要な四十日間に全てを賭けていた。この間にエルマー家の悪事を暴く決定的な証拠を掴まなければならない。だが、城内では、護衛騎士アルベルトと兄王子クローヴィスの間で緊迫の事態が!?驚異的人気の新感覚王宮ミステリ、急転直下の第6弾。
(「BOOK」データベースより)


睦月けいさんの「首の姫と首なし騎士」シリーズ第6弾!
「首の姫と首なし騎士 -裏切りの婚約者-」。

豪商エルマー家の悪事を暴く決定的な証拠を発見するための時間を稼ぐためにセシルと婚約したシャーロット。
が、エルマー家の監視が厳しく、身動きが取れない状態で時間だけが過ぎていき・・・

カギとなるのは、死んだ事になっているエルマー家長男・オウエン・エルマー。
彼の行方を探るため、身動きの取れないシャーロットたちに代わり、おびき出すためのの罠をしかけるカルラとガイ。
そんな中、断片的にもたらされるセシルからの情報により、オウエンの居所の目星をつけるシャーロット。
外との連絡が取れない状態で、カルラやガイに知らせるのは困難で・・・

唯一、外部との接触が可能な兄王子クローヴィスに託すシャーロット。
そしてクローヴィスは、思いもよらない方法で外に出ることに!?

クローヴィスの奇策により、クローヴィス暗殺容疑で捕らわれてしまったアルベルト・ホースマン。

この後どうなる!?

で、次巻へ。

早く続きが読みたい終わり方の「首の姫と首なし騎士 -裏切りの婚約者-」です



【送料無料】首の姫と首なし騎士(裏切りの婚約者) [ 睦月けい ]


スポンサーサイト

タグ : ビーンズ文庫

人気ブログランキングへ にほんブログ村 芸能ブログ 男性芸能人・タレントへ にほんブログ村 美容ブログ コスメへ

21:20  |  ビーンズ文庫  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2013.04/07 (Sun)

「悪魔のような花婿 -エメラルド島の花嫁-」

松田志乃ぶさん著 コバルト文庫 2013年4月の新刊
「悪魔のような花婿 -エメラルド島の花嫁-」


悪魔のようは花婿 エメラルド島の花嫁


「貴重なキルケニアン苔と交換にウイリアムの呪いを解く」という大魔女カスタードとの約束を果たすべく、キルケニア島へと向かったジュリエットたち。島に到着した一行は熱い歓迎を受けるが、老人であるはずのキルケ公爵が、世にも美しい青年の姿で現れた…!おまけに女騎士のサラに一目惚れをした彼は、サラを四番目の妻にしたいと言い出して…!?悪魔伯爵夫妻、念願の初夜は一体どうなる!-。
(「BOOK」データベースより)


松田志乃ぶさんの「悪魔のような花婿」シリーズ最新巻「悪魔のような花婿 -エメラルド島の花嫁-」。

ウイリアムの呪いを解くため、大魔女カスタードが望む“キルケニアン・モス”を手に入れるためキルケニア島へと向かったジュリエットたち。

キルケニア島と治めるキルケ公爵は、吸血鬼を祖先の持つといわれる謎の人物。
実年齢58歳にも関わらず、二十代にしか見えない外見や夜にしか姿を表さないところや、3人もの妻が早死にしている点などから、本当に吸血鬼ではないかと疑うジュリエット。

そんなキルケ公爵が、ヒューの女騎士のサラに一目惚れして求婚し!?

キルケニアン・モスを賭けた宝探しゲームの“宝”として連れ去られてしまったサラを探すべく、この世ならざる者たちが住む“三月の森”へと入ったジュリエットたちを待っていたのは、悪戯好きの妖精や、親切な巨大亀!

ジュリエットの愛するカボチャのバルバロッサに助けられ、無事にサラを見つけたジュリエットとウイリアムは、キルケニアン・モスをゲットし、ウイリアムの呪いも今度こそ完全に解け、ハッピーエンド♥

エヴァンジェリン王妃との対決の王宮編は、長過ぎて途中ちょっと飽きてしまいましたが、そこ意外は面白かった「悪魔のような花婿」。

これで、本編は終了。

この後短編が出るようで、無事に結ばれたジュリエットとウイリアムのその後や、リオンとイーヴやヒューとサラのお話しなど、続きが読めるようで楽しみ!



【送料無料】悪魔のような花婿(エメラルド島の花嫁) [ 松田志乃ぶ ]


タグ : コバルト文庫 少女小説 ライトノベル

人気ブログランキングへ にほんブログ村 芸能ブログ 男性芸能人・タレントへ にほんブログ村 美容ブログ コスメへ

20:52  |  コバルト文庫  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2013.04/02 (Tue)

「伯爵と妖精-白い丘に赤い月満ちて-」

谷瑞恵さん著 コバルト文庫 2013年4月の新刊
「伯爵と妖精-白い丘に赤い月満ちて-」


伯爵と妖精 白い丘に赤い月満ちて


自分が生まれれば母リディアは命を落とす。そしてプリンスを倒すためには父エドガーを殺さなければならない・・・。過酷な宿命を知り、アルヴィンはリディアたちの前から姿を消した。アルヴィンの行方を案じながらも、戦いに向けて準備を進めるエドガーとリディア。さまざまな想いが絡み合うなか、ついに最後の戦いが幕をあけた・・・!!ロングヒット英国ファンタジー、ついに感動のフィナーレ!!
(「BOOK」データベースより)


谷瑞恵さんの「伯爵と妖精」シリーズ、遂に完結!
長く続いたシリーズなだけに、感慨深いものがあります。

思えば、いわゆる“少女小説”にハマったきっかけが、この「伯爵と妖精」シリーズでした。

最終巻は、いよいよ全ての元凶である“蛇の男”との最終決戦。
戦いの場は、ロンドン塔。

生まれる前から、過酷な宿命と向き合わざる得なくなったアルヴィン。
リディアもアルヴィンも守りたいと願うエドガー。
自分の命と引き換えにしてもアルビンを産むことを望みながら、エドガーを苦しめることに悩むリディア。

最終巻は、さまざまな困難を二人で乗り越えてきたエドガーとリディアの絆の強さを感じて、辛いなかでも穏やかに読むことが出来ました。

最終章(?)に入ってからは、もう読むのも辛い・・・!なんて巻もあったのですが・・・

最後は、ハッピーエンドでめでたし、めでたし。
が、一つだけ辛い別れが。
自ら命を絶ったのに、望まぬ形でセルキーとして生かされ、それでも、最後までエドガーや弟のレイヴンのために戦い、妖精として生きることより、人の世界に留まることを選らんだアーミン。
人の世では死んでいて、妖精としてのアーミンの記憶は誰にも残らず、人間でそのことを唯一覚えているのはリディアだけ。

なんとも切ない

本編は終わってしまいましたが、短編集がでるみたいなので、まだもう少し楽しめそうな「伯爵と妖精」。

その後のエドガーやリディア、伯爵家の人々、願わくば無事に生まれたアルヴィンのお話しなんかも読みたいなぁ~

「伯爵と妖精」シリーズ、全32巻。
時間ができたら、また最初から一気読みしてみたいです!



【送料無料】伯爵と妖精(白い丘に赤い月満ちて) [ 谷瑞恵 ]



タグ : コバルト文庫 伯爵と妖精 少女小説 ライトノベル

人気ブログランキングへ にほんブログ村 芸能ブログ 男性芸能人・タレントへ にほんブログ村 美容ブログ コスメへ

21:45  |  コバルト文庫  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2013.03/31 (Sun)

「姫怪盗と危険な求婚者」

宇津田晴さん著 小学館ルルル文庫 2013年3月の新刊
「姫怪盗と危険な求婚者」


姫怪盗と危険な求婚者


地味姫と呼ばれるフローラ王女の裏の顔、それは華麗に世を騒がす美貌の大怪盗シュバルツ! そのシュバルツへ大胆に宣戦布告をしてきた青年が、なんと隣国の王子としてフローラ姫の前に現れた! もしかして正体がバレてる!? 意味ありげに口説いてくる王子クレメンスに、必死に地味姫を演じるフローラだったが……気づけば王子の花嫁最有力候補に? 腹黒王子の仕掛ける恋の罠に、姫怪盗の運命は!? トキメキのラブバトル!
(「BOOK」データベースより)


好きな作家さんの一人である宇津田晴さんの新作「姫怪盗と危険な求婚者」。

お姫さまで怪盗って!?って思ったのですが、読んで納得。
“怪盗”といってもきちんと理由がり、その役目を代々王族が担ってきたという理由にも納得です。

普段は華麗な美貌もその存在感さえ隠し、“地味姫”と呼ばれるフローラ王女。
が、それはすべて大怪盗シュバルツという、お役目のため。
そんなフローラ王女に大国の王子・クレメンスが接近!
怪盗シュバルツであるというフローラの秘密を知っているようで・・・!?

フローラが“天然気障男”と呼ぶクレメンスは、わりと好きなキャラ。

フローラとクレメンスの気持ちのすれ違いっぷりが面白いです。


【送料無料】姫怪盗と危険な求婚者 [ 宇津田晴 ]

タグ : ルルル文庫 少女小説 ライトノベル

人気ブログランキングへ にほんブログ村 芸能ブログ 男性芸能人・タレントへ にほんブログ村 美容ブログ コスメへ

00:00  |  ルルル文庫  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2013.03/30 (Sat)

「白竜の花嫁 -朽ちゆく竜と幸いなるもの-」

永野水貴さん著 一迅社文庫アイリス 2013年3月の新刊
「白竜の花嫁 -朽ちゆく竜と幸いなるもの-」


白竜の花嫁 朽ちゆく竜と幸いなるもの


「-私が、欲しいのだろう?」竜の“花嫁”となった小国の姫、澄白とその夫である白竜のシュトラール。ゴルト族の竜、ザフィアの情報から古王国に赴いた澄白たちを待ち受けていたのは、始種の骨を略奪した黒竜、サルグ・アーセファだった!彼の真意が掴めないまま、澄白たちは古王国に滞在することになるが…。かつて竜に愛された人の王の国で、澄白はシュトラールへの想いと向き合うことになってー。人気作第四弾。
(「BOOK」データベースより)


永野水貴さんの「白竜の花嫁」第4弾!「白竜の花嫁 -朽ちゆく竜と幸いなるもの-」。

新キャラ登場です。
竜人側は、シュトラールの養い子であるヘルツの母であるアメテュストの姉・ザフィア。
人間側は、古王国の女王でサルグ・アーセファと契約を結んでいるオルキスなど。

ザフィアが持ち帰った情報から、サルグ・アーセファが古王国・ラディエスにいることを知ったシュトラールと澄白。
ラディエスは、竜と人の子であるヘルツの生まれた国で母であるアメテュストが逝った地でもあるという、なんとも因縁めいた国。

自分以外の人間(特に女性)に囲まれるシュトラールをみて嫉妬というか、シュトラールに対して独占欲を自覚する澄白。
が、その気持ちがどこから来ているのかは、気付いていないのか、敢えて気付かないようにしているのか・・・

澄白とシュトラールの仲は進展はしませんが、物語は動いていきます。

サルグ・アーセファが契約を結んだ女王が治める古王国・ラディエスは、澄白の母の一族である<払暁の一族>と関係しているようで・・・しかも、彼らはおぞましい“技術”に加担しているらしく・・・

衝撃のラストで次巻に続く- になってます!

最初は、1巻完結のお話だと思っていた「白竜の花嫁」。
巻が進むにつれ、面白さ倍増!
今回は、特に早く続きが読みたい!


【送料無料】白竜の花嫁 朽ちゆく竜と幸いなるもの(仮) [ 永野水貴 ]

タグ : アイリス 少女小説 ライトノベル

人気ブログランキングへ にほんブログ村 芸能ブログ 男性芸能人・タレントへ にほんブログ村 美容ブログ コスメへ

20:04  |  アイリス  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。