2017年11月/ 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月
--.--/-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 芸能ブログ 男性芸能人・タレントへ にほんブログ村 美容ブログ コスメへ

--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2013.03/17 (Sun)

「革命は恋のはじまり -告げる想いと自立する願い-」

小田菜摘さん著 ビーズログ文庫 2013年3月の新刊
「革命は恋のはじまり -告げる想いと自立する願い-」


革命は恋のはじまり 告げる想いと自立する願い


リュステムへの想いをついに自覚したナクシュデル。けれど、大統領の息子と、元後宮出身で舞踊団に所属するナクシュデルでは、大きな身分の壁がある。そんななか、リュステムの母からナクシュデルに、学校の教師にならないかという誘いが!リュステムには賛成されるが、“黄金の寵姫”として舞踊団の評判をあげているナクシュデルはうなずけなくて…!?どん底から始まる革命ラブ第3弾。
(「BOOK」データベースより)


小田菜摘さんの「革命は恋のはじまり」第3弾!「革命は恋のはじまり -告げる想いと自立する願い-」。

革命により出会ったナクシュデルとリュステム。
身分の違いはあるけれど、お互いに好意抱く二人。
今作では、漠然と感じていたお互いへの好意を告白し合います。
晴れて両想い♥ってヤツですね
が、好き合っているだけでは、現実は変わらず・・・

所詮素人の集団でしかない元後宮出身者で結成した舞踊団の未来を憂うナクシュデルは、来年から施行させれる義務教育の学校の教師にならないかと誘われ・・・
同じ身の上である元後宮出身者で結成した舞踊団の未来と自分の“やりたい事”の間で悩むナクシュデル。

最終的には、舞踊団は解散し、ナクシュデル以外のメンバーは、一人は結婚し、アイハンや残りの他のメンバーは一流の芸人集団であるシルケル演芸団に入ることに。

革命により運命が大きく変わったナクシュデルは、また新たな道を歩み始めた感じです。

ナクシュデルに好意を持って、その周りをウロチョロ(?)しているレオンティウス王太子ですが・・・
想い合っているナクシュデルとリュステムの仲を邪魔(?)するような事はくれぐれもしないで欲しいものです


【送料無料】革命は恋のはじまり(告げる想いと自立する願い) [ 小田菜摘 ]


スポンサーサイト

タグ : ビーズログ文庫

人気ブログランキングへ にほんブログ村 芸能ブログ 男性芸能人・タレントへ にほんブログ村 美容ブログ コスメへ

21:06  |  ビーズログ文庫  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2013.03/04 (Mon)

「影の王の婚姻」

天海りくさん著 ビーズログ文庫 2013年2月の新刊
「影の王の婚姻」

影の王の婚姻


ディシベリア帝国皇女・フィグネリアへの誕生日祝い。それはあまりに怪しい“婿”だった!刺客かと疑うも、クロードと名乗る彼は何にもできない優男。婚儀の夜ー早々にフィグネリアがクロードを寝室から追い出そうとすると、何故か扉が開かない。その時、突風が部屋を駆け抜けた!驚くフィグネリアの前で、クロードが慌てて笛を吹き始めて…?第14回えんため大賞奨励賞受賞作。
(「BOOK」データベースより)


ビーズログ文庫・第14回えんため大賞奨励賞受賞作。
天海りくさんのデビュー作、「影の王の婚姻」。

兄である皇帝を影で支える皇女・フィグネリアの元に婿入りしてきたのは、小国の第六皇子であるクロード。
王位継承権を持つフィグネリアは、自身の意思とは関係なく、帝国の王位を巡る陰謀により暗殺の標的に晒される日々。
いつも緊張した日々を送るフィグネリアとのほほ~んとした性格のクロード。
いつの間にかクロードに癒されているフィグネリアです。

そんな二人を襲うのは、妄執に取り付かれた神官長による陰謀。
そこには、ディシベリア帝国を守護するはずの神霊が絡んでいて!?

何にもできない優男のクロードが、実は“妖精王”と呼ばれる存在で、すべてはわがままな一人の神霊が、“妖精王”を手に入れたいために仕組んだこと。

帯にある“皇女様のスパルタ婿教育!?”の通り、普通は、ヒーローとヒロインの性格や立場が逆だよなぁ~という感じで、ある意味新鮮!
面白かった


【送料無料】影の王の婚姻 [ 天海りく ]



タグ : ビーズログ文庫 少女小説 ライトノベル

人気ブログランキングへ にほんブログ村 芸能ブログ 男性芸能人・タレントへ にほんブログ村 美容ブログ コスメへ

00:00  |  ビーズログ文庫  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2013.03/02 (Sat)

「(仮)花嫁のやんごとなき事情 -離婚できずに新婚旅行!?-」

夕鷺かのうさん著 ビーズログ文庫 2013年2月の新刊
「(仮)花嫁のやんごとなき事情 -離婚できずに新婚旅行!?-」


(仮)花嫁のやんごとなき事情 離婚できずに新婚旅行!?


「新婚旅行に行かないか?」-とある事情で身代わり花嫁中のフェルに、突然鬼畜な策略家の旦那様・クロウが言い出した。彼とは離婚大前提の(仮)結婚なのに冗談じゃない。と抵抗するフェルだったが、どうやら旅先にはクロウの“陰惨な過去”が関与しているらしい。仕方なくラブラブ夫婦を装うフェルにさらに襲いかかったのは…げっ、旦那様と同じ寝台!?フェルのニセ新婚生活第3弾。
(「BOOK」データベースより)


夕鷺かのうさんの「(仮)花嫁のやんごとなき事情」第3弾!
「(仮)花嫁のやんごとなき事情 -離婚できずに新婚旅行!?-」。

離婚大前提で嫁いできた身代わり花嫁・フェル。
一向に離婚できないばかりか、新婚旅行に行く羽目に!?

が、新婚旅行は名目。
実際は、フェルの恩師でもある孤児院のガウェイン先生を操り、フェルに危害を加えようとした呪毒を使った事件の犯人探し。
同じように呪毒を使った事件が国内で頻発していることから、呪毒に使われる鉱物の産地であるティカルを新婚旅行と称して訪問することに。

大事な育ての親であるガウェイン先生をヒドイ目に合わせた犯人探しと聞いて、俄然やる気になるフェルですが、訪れたティカルは、クロウの“陰惨な過去”に関係のある地のようで・・・

ティカルを訪れたことで、クロウが何故自分が治めるクルヴァッハを愛し、守ろうとしているのか、クロウの哀しい過去が明らかに!

クロウの兄で第一王子も登場!
かなり個性的な王子さまに困惑するフェルです

結局、ティカルは呪毒に必要な鉱物を脅されて横流ししていただけで、事件自体の根本的な解決には至らなかったものの、クロウに対する自分の想いに気付いてしまったフェル。

身代わりでしかなない自分がクロウに恋することなど許されないと困惑するフェルと、身代わりであると知りつつ、フェル自身が好きなクロウ。

一方、一連の事件に関わっていそうなフェルが身代わりを務める本物のシレイネ姫は、王宮から姿を消してしまったようで・・・

まだ、まだ続きが楽しみな「(仮)花嫁のやんごとなき事情」です



【送料無料】(仮)花嫁のやんごとなき事情 離婚できずに新婚旅行!? [ 夕鷺かのう ]

タグ : ビーズログ文庫 少女小説 ライトノベル

人気ブログランキングへ にほんブログ村 芸能ブログ 男性芸能人・タレントへ にほんブログ村 美容ブログ コスメへ

20:42  |  ビーズログ文庫  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2013.01/19 (Sat)

「おこぼれ姫と円卓の騎士 -皇子の決意-」

石田リンネさん著 ビーズログ文庫 2013年1月の新刊
「おこぼれ姫と円卓の騎士 -皇子の決意-」


おこぼれ姫と円卓の騎士 皇子の決意


王の専属騎士3人目の騎士が決まり、“おこぼれ姫”との評価も変わりつつある次期女王レティーツィア。そんな彼女の元に、東の凌皇国より皇女シェランが訪ねてくる。ただの諸国見聞とは思えないほど豪華な衣装をまとい、護衛はたったの1人だけー彼女の様子を怪しむレティだったが、どうやらシェランの目的は“次期国王の花嫁”になることで!?最強女王誕生秘話(?)も明かされる第5弾。
(「BOOK」データベースより)


石田リンネさんの「おこぼれ姫と円卓の騎士」シリーズ第5弾!
「おこぼれ姫と円卓の騎士 -皇子の決意-」。

王の専属騎士(ナイツオブラウンド)の4人目の騎士が決定。
なんと、異国の皇子さま!

前作の山火事の騒動から、ソルヴェールの王都に戻ったレティ。
そんなレティの元にやって来たのは、“次期国王の花嫁”になる気満々の東の凌皇国の皇女・シェラン。
が、このシェラン姫は実は男で、しかも本当のシェラン姫の兄である凌皇国の第八皇子!

シェランが妹を装い、ソルヴェール国を訪れたのには訳があり・・・

シェランの事情に巻き込まれつつ、弟のレオンハルト王子が誘拐されたり、幼い頃より自分がいつか王になると知っていたレティの“王”になる決意をするまで・・・など、盛り沢山なシリーズ第5弾・「おこぼれ姫と円卓の騎士 -皇子の決意-」です。

「どうせ自分なんか・・・」が口癖のシェランは、王としての自覚と責任を持つレティや王にならない道を自ら選んだレオンハルトに出会い、さらに幼い頃から側にいた従者に裏切られたことで、自分を変える決意を!
その為にソルヴェール国に残り、レティの側で学びたいとナイツオブラウンドになることを志願。

東の大国の皇子を自身のナイツオブラウンドにしたことで、次期女王としてのレティには箔がつき、レティ自身にとっては、“王を共に学ぶ”という同期を得ることに!

ラストには再び、ノーザルツ公が登場。
次回はいよいよキルフ帝国へ!?

「おこぼれ姫と円卓の騎士」は、何度読んでも面白い!!
最強女王となるべく邁進するレティーに惚れ惚れ


【送料無料】おこぼれ姫と円卓の騎士(皇子の決意) [ 石田リンネ ]
【送料無料】おこぼれ姫と円卓の騎士(少年の選択) [ 石田リンネ ]
【送料無料】おこぼれ姫と円卓の騎士(将軍の憂鬱) [ 石田リンネ ]
【送料無料】おこぼれ姫と円卓の騎士(女王の条件) [ 石田リンネ ]
【送料無料】おこぼれ姫と円卓の騎士 [ 石田リンネ ]



タグ : ビーズログ文庫 少女小説 ライトノベル

人気ブログランキングへ にほんブログ村 芸能ブログ 男性芸能人・タレントへ にほんブログ村 美容ブログ コスメへ

21:59  |  ビーズログ文庫  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2012.11/25 (Sun)

「革命は恋のはじまり-2つの求婚と目覚める想い-」

小田菜摘さん著 ビーズログ文庫 2012年11月新刊
「革命は恋のはじまり-2つの求婚と目覚める想い-」


革命は恋のはじまり 2つの求婚と目覚める想い


革命により、最悪の出逢いをした“元”寵姫のナクシュデルと国防軍少尉のリュステムは、ケンカをしつつも互いを認め合う存在に。そんなある日、ナクシュデルはクレボス王太子から歓迎式典に誘われる。楽隊として参加するリュステムの勇姿を見られると喜ぶナクシュデルだが、リュステムはなぜか不満顔。しかもその場で、リュステムの縁談が浮上し…。
(「BOOK」データベースより)


小田菜摘さんの「革命は恋のはじまり」第2弾!
「革命は恋のはじまり-2つの求婚と目覚める想い-」。

革命により、大きく身分も立場も違ってしまったナクシュデルとリュステム。
本来なら出会わなかった二人が、革命のどさくさ(!?)で出逢ってしまい・・・のその後です。

リュステムへの想いを自覚していなかったナクシュデルですが、リュステムの縁談話が浮上したことから、リュステムへ恋している自分の想いに気付く事に!

このリュステムの縁談の相手は、元大宰相の娘ということで、かなりわがまま&気位の高いお嬢様。
このハディジェから嫌がらせを受けるナクシュデルですが、ただの嫌がらせに止まらず、暗殺までしようするエスカレートぶり。
ナクシュデルの暗殺は未遂に終わりますが、ハディジェは逮捕される結果に。

が、どうもこのお嬢様を先導していたらしいのが、ハディジェの従弟で元婚約者のクレイシュのようで・・・

その一方でナクシュデルは、クレボス王太子からラブコールを受けてますが・・・イマイチ王子の気持ちは伝わらないようで・・・
が、着実に外堀を埋められてるような気もしないナクシュデル。

ハディジェは逮捕されますが、クレイシュの関与は立証できず・・・もう一波乱ありそうな「革命は恋のはじまり」です。


【送料無料】革命は恋のはじまり(2つの求婚と目覚める想い) [ 小田菜摘 ]
【送料無料】革命は恋のはじまり(え?後宮解散ですか!?) [ 小田菜摘 ]



タグ : ビーズログ文庫 少女小説 ライトノベル

人気ブログランキングへ にほんブログ村 芸能ブログ 男性芸能人・タレントへ にほんブログ村 美容ブログ コスメへ

21:14  |  ビーズログ文庫  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。