2017年04月/ 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月
--.--/-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 芸能ブログ 男性芸能人・タレントへ にほんブログ村 美容ブログ コスメへ

--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2012.01/04 (Wed)

「赤き月の廻るころ-祝福の花嫁-」

岐川新さん著 角川ビーンズ文庫 「赤き月の廻るころ」初の短編集
「赤き月の廻るころ-祝福の花嫁-」


赤き月の廻るころ 祝福の花嫁


「女から男が飾り紐を贈られたら、それはー夜、忍んでこいという合図だ」レウリアがジェラールに初めて贈った飾り紐を巡り、囁かれる愛の言葉とはー?(「真夜中の駆け引き」)。故国・ロクソンへ里帰りをしたレウリアとジェラールを待っていたのは兄・ロラウドの提示するとんでもない結婚の条件でー!?(「祝福の花嫁」)など書き下ろしを含む全6作品を収録した、運命のグランド・ラブロマン、待望の短編集。
(「BOOK」データベースより)


本編はすでに完結している「赤き月の廻るころ」初の短編集です!
<収録作品>
・真夜中の駆け引き
・秘密の香りは甘く誘う
・共同戦線は恋敵と
・とある従者の気苦労
・精霊のおくりもの
・祝福の花嫁

「-真夜中の駆け引き-」は、1巻頃のお話しで、「こんな時もあったんだよな~この二人!」と懐かしく思いました

本編は、重~い雰囲気になってしまうこともあった「赤き月の廻るころ」ですが、短編はそんなところがなく、楽しく読めました。

表題の書き下ろし「-祝福の花嫁-」は、本編終了後のお話で、レウリアの故国・ロクソンで二人が結婚の承諾を得るところから、婚儀のシーン、結婚後のレウリアとジェラールまでと大サービスです♥

子供が生まれても、相変わらずレウリアを独占したいジェラールなのでした

ここまで読んだら、『2ヶ月連続刊行キャンペーン・プレミアム小冊子全員サービス』の小冊子まで読みたい!!
忘れずに応募しなければっ!


【送料無料】赤き月の廻るころ(祝福の花嫁)

スポンサーサイト

タグ : ビーンズ文庫 赤き月の廻るころ

人気ブログランキングへ にほんブログ村 芸能ブログ 男性芸能人・タレントへ にほんブログ村 美容ブログ コスメへ

00:03  |  ビーンズ文庫  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2011.07/24 (Sun)

コミック版 「赤き月の廻るころ」 第2巻

コミック版「赤き月の廻るころ」完結!
あすかコミックスDX 「赤き月の廻るころ」 第2巻


コミック 赤き月の廻るころ 2巻


岐川新さん著の小説「赤き月の廻るころ」は、なんだか話しが大きくなって大変なことになってますが・・・
コミック版「赤き月の廻るころ」は、2巻でスッキリ完結!です

歌舞伎の世界を舞台にした現代版「赤き月の廻るころ」。
キャラの性格は、原作の小説と合ってる気がする。

莉羽=レウリア
流威=ジェラール
瑠輝=リシール
しずる=エリク
暮葉=グレイグ

ん~・・・しずる=エリクだけちょっと違うかな・・・?

原作との接点は、莉羽と流威の前世がそれぞれレウリアとジェラールだったってことかな。

莉羽がジェラール(流威)の死ぬところを夢で見たことからはじまったコミック版「赤き月の廻るころ」は、歌舞伎の名門・赤月屋のお家騒動をめぐるお話し。
結末は、流威が身を引くことで丸く収まった感じでスッキリ完結!で面白かった


【送料無料】赤き月の廻るころ 第2巻
【送料無料】赤き月の廻るころ(第1巻)



タグ : コミック 赤き月の廻るころ

人気ブログランキングへ にほんブログ村 芸能ブログ 男性芸能人・タレントへ にほんブログ村 美容ブログ コスメへ

19:48  |  コミック  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2011.07/02 (Sat)

「赤き月の廻るころ-二人きりの婚礼-」

岐川新さん著 角川ビ-ンズ文庫 「赤き月の廻るころ」シリーズ第8弾
「赤き月の廻るころ-二人きりの婚礼-」


赤き月の廻るころ 二人きりの婚礼


「すべてが終わったあかつきには-レウリア、俺の妃になってほしい」セラルークの陰謀が、ブロウのみならず隣国周辺を巻き込む脅威であることを突き止めたジェラール。空前の危機に立ち向かうため、レウリアの働きかけにより、ジェラールは恋敵のロシュアと共闘することを決意する。三国が手を結び初の会談が行われようとする前夜、ジェラールは改めて、レウリアへプロポーズするが-!?完結直前、堂々の第8弾!
(「BOOK」データベースより)


ギースがジェラールの元へ戻ってきます!
ジェラールが自分でも気付かないうちに思いのほか信頼していた側近のギースですが、父親の公爵の命令により、一時はジェラールを裏切ったかのようにみえましたが・・・実は、すべてジェラールのためだった!
ありがちな展開ではありますが、やっぱりギースにはジェラールの側にいて欲しいかな。

巻末に収録されているジェラールとギースの子供の頃のお話も、二人の間柄を表していてよかった!
ギースがジェラールに忠誠をつくす理由が分かります。

今回、レウリアとジェラールは、反発することなく比較的仲良くやってます。
と思ったら、ラストでレウリアはセラルークの陰謀に対し、自分一人で行動しようとしている様子で・・・

シリーズ最初は、こんなに大掛かりなお話ではなかったような気がするのですが・・・
国を超えて手を結び、強大な魔術に立ち向かっていくようで・・・なんだか、大変なことになってます。

そんな「赤き月の廻るころ」も次巻が最終巻だそうです!
セラルークの陰謀がどのようなものでも、レウリアが一人で立ち向かったとしても、最後はジェラールと二人で解決していくのだろうなぁ~と期待してます。


「赤き月の廻るころ」完結カウントダウン企画として「スピンオフWEB小説」が毎月配信されるそうです!
 
「赤き月の廻るころ」公式HP

7月配信分を読んでみましたが、「赤き月の廻るころ-二人きりの婚礼-」の中で、レウリアがマリーンに「ジェラールのことが好き」と告げたあとのレウリアとジェラール二人のやり取りでした。


【送料無料】赤き月の廻るころ(二人きりの婚礼)


タグ : ビ-ンズ文庫 赤き月の廻るころ

人気ブログランキングへ にほんブログ村 芸能ブログ 男性芸能人・タレントへ にほんブログ村 美容ブログ コスメへ

13:38  |  ビーンズ文庫  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2011.02/06 (Sun)

「赤き月の廻るころ 奪われた王位」

「赤き月の廻るころ」の最新刊「赤き月の廻るころ~奪われた王位」

赤き月の廻るころ 奪われた王位

「だからわたしは─国を捨てて、ここへきた」ついに結ばれたレウリアとジェラール。しかしジェラールは腹心の部下であるギースに裏切られ、孤立無援の状況に!レウリアは自国にジェラールの擁護を頼むが決裂し、二人は引き離されてしまう。レウリアの身を案じたジェラールは、しばしの別れを決意し、『海の民』の頭領・レアムと結び、自国へ房るため動き出したのだが!?最終章突入、運命のグランド・ラブロマン第7弾。
(「BOOK」データベースより)


凪かすみさんのイラストに惹かれて読み始めた「赤き月の廻るころ」。
自分の中で表紙や挿絵は重要らしく、結構そのパターンありです。

今回の表紙もステキです。
挿絵の中のジェラールの表情も好き

さてさて、「赤き月の廻るころ~奪われた王位」の物語の方は・・・
ジェラールを王子の座から引きずり降ろそうとする陰謀は、まだ始まったばかり。
ほんの“序章”に過ぎないといった感じです。
前回、やっと結ばれたレウリアとジェラールの関係も相変わらず、といった風。
もう少し何とかならないものかしら・・・?この二人・・・と思わなくもない
で、やっぱり頼りになるのは、海賊・レアムでした!
さすがは、“海の民”!王女や王子の考えることなんてお見通し!?なのかな。

「最終章突入」ということなので、「赤き月の廻るころ」ももうそろそろ終わりなのかな?
次巻は、7月発売らしいので続きを待ちたいと思います


【送料無料】赤き月の廻るころ(奪われた王位)

タグ : ビーンズ文庫 赤き月の廻るころ

人気ブログランキングへ にほんブログ村 芸能ブログ 男性芸能人・タレントへ にほんブログ村 美容ブログ コスメへ

17:54  |  ビーンズ文庫  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2011.01/29 (Sat)

コミック版「赤き月の廻るころ」

ビーンズ文庫の原作が好きなので読んでみました。
コミック版 「赤き月の廻るころ」

コミック 赤き月の廻るころ1


原作とは違い“現代版”ということで、どんな感じなのかなぁ~??と思っていたら・・・
歌舞伎の世界を舞台にした“お家騒動”!
いわゆる世襲争いというやつです。
原作の小説でいうと1巻目のお話しというところでしょうか。

コミック版はコミック版で面白かったです
次巻は、7月発売ということでちょっと先ですが、2巻で完結するみたいです。

原作小説の「赤き月の廻るころ」の新刊も2月1日発売!
ジェラールが腹心の部下・ギースに裏切られ、レウリアと共に海賊のレアムに助けられたところで終わった前回。(確か・・・)
なかなかハッピーエンドに終われないジェラールとレウリアですが、新作ではどんなことになるのかなぁ~

2月1日は、他にもシリーズで読んでいる「そして花嫁は恋を知る」や「紺碧のリアーナ 」の新刊も発売されるので待ち遠しいです


【送料無料】赤き月の廻るころ(奪われた王位)
【送料無料】そして花嫁は恋を知る(月の女神は黎明を導く)
【送料無料】紺碧のリアーナ(聖なる鐘は運命を告げる)

この3冊は購入予定


タグ : コミック ビーンズ文庫 赤き月の廻るころ

人気ブログランキングへ にほんブログ村 芸能ブログ 男性芸能人・タレントへ にほんブログ村 美容ブログ コスメへ

15:05  |  コミック  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。