2017年04月/ 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月
--.--/-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 芸能ブログ 男性芸能人・タレントへ にほんブログ村 美容ブログ コスメへ

--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2011.11/03 (Thu)

「海上のミスティア-恋の呪縛と略奪の騎士-」

梨沙さん著 一迅社文庫アイリス 「海上のミスティア」第8弾
「海上のミスティア-恋の呪縛と略奪の騎士-」


海上のミスティア  恋の呪縛と略奪の騎士


訓練船で、5人の騎士“ミタス”に護られながら船を指揮する女神“ミスティア”を務めるエダ。誘拐事件により航行が大幅に遅れたルティアナ号は、遅れを取り戻すため、嵐のティネーゼ運河を進むことになった。そんな中、失言からライハルトとの関係がこじれ、エダは彼の存在を強く意識してしまうようになる。一方、二人の異変に気づいたロウェンがエダに愛の告白をしてー!?海を駆け歴史を変える乙女の物語、第8弾。
(「BOOK」データベースより)


ライハルト大暴走!!
いくら嫉妬したからといって、いきなり押し倒してキスするって・・・普段冷静沈着な分、歯止めがきかなくなると暴走するんですね。

ミスティアであるエダは、恋愛禁止。もしも“恋人”なんてことになったら、相手は退学。
卒業を間近に控えて何を暴走しているのでしょうか、ライハルトは・・・エダの方がよっぽど冷静

が、そんなライハルトの大暴走に振り回されたおかげで、恋愛に疎いエダもライハルトに対する気持ちに気付きます。

前回エダは、敵国であるカルアシャに捕らわれたことでカルアシャ王と接触をもち、カルアシャの国情を知ったので、その辺りの続きかなぁ~と思っていたのですが、恋愛メインの巻でした。

が、エダの父親であるカルマン伯がルティアナ号が所属する海上訓練校を廃校にしようとしているような話しも出てきて・・・お互いの気持ちを確かめ合ったエダとライハルトですが、ライハルトはルティアナ号を卒業してしまったし・・・

今後の展開が気になります。
というか、このお話しのラストはどうなるのかな??と、非常に気になります。


海上のミスティア-恋の呪縛と略奪の騎士-」の期間限定特別番外編「恋のゆくえ」  
 
「海上のミスティア」

こちらは、アンディのお話しでした!
いつの間にか、癒しキャラ的存在のアンディです


【送料無料】海上のミスティア(恋の呪縛と略奪の騎士)
【送料無料】海上のミスティア(白き女神と悪夢をつむぐ王)
【送料無料】海上のミスティア(暁の乙女と誓いの騎士)
【送料無料】海上のミスティア(闇の使いと愛を語る騎士)
【送料無料】海上のミスティア(月の女神と永遠を謳う騎士)
【送料無料】海上のミスティア(黒の鎖と囚われの騎士)
【送料無料】海上のミスティア(道化師と恋に落ちた騎士)
【送料無料】海上のミスティア

スポンサーサイト

タグ : 一迅社文庫

人気ブログランキングへ にほんブログ村 芸能ブログ 男性芸能人・タレントへ にほんブログ村 美容ブログ コスメへ

14:19  |  アイリス  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2011.06/22 (Wed)

「白竜の花嫁-紅の忌み姫と天の覇者-」

永野水貴さん著 一迅社文庫アイリス
「白竜の花嫁-紅の忌み姫と天の覇者-」


白竜の花嫁 紅の忌み姫と天の覇者


「君は綺麗だ。その紅い瞳も、肌も…」婚礼を控え幸福の中にいた小国の姫、澄白は、国を護るため、竜に捧げられる“花嫁”に選ばれてしまう。異なる形で国を護ろうとする兄の計略に従い、竜を殺すための呪をその身に刻み、嫁いだ澄白。しかし夫となった竜、シュトラールの優しさに触れ、次第に決心が揺らいでいく。竜を殺し許婚のもとに戻るか、竜を救うか-。美しい竜の青年に出会い、澄白が選んだ運命とは-。
(「BOOK」データベースより)


面白かった!!

赤い瞳の色のために“忌み姫”と呼ばれ人々から蔑まれてきた澄白が哀れでもあり、そんな澄白の心の中の葛藤が哀しくもあります。
そんな澄白を救ったのは、竜族<ゴルト>のシュトラール。
人とは違う強大な力を持ちながら、理知的でどこまでも寛大なシュトラールはステキです。
それに引き換え・・・人間のというか、己の野心のためだけに竜族を殺そうとする澄白の兄が愚かで、そんな兄を止めようとする澄白には泣けます。
そしてそんな澄白を助けるシュトラールは、やっぱりステキ♥

面白くて一気に読んじゃいました


【送料無料】白竜の花嫁


タグ : 一迅社文庫

人気ブログランキングへ にほんブログ村 芸能ブログ 男性芸能人・タレントへ にほんブログ村 美容ブログ コスメへ

21:15  |  アイリス  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2011.06/21 (Tue)

「はなかおる-淵国五皇子伝-」

古戸マチコさん著 一迅社文庫アイリス 「淵国五皇子伝」シリーズ第3弾
「はなかおる-淵国五皇子伝-」


はなかおる 淵国五皇子伝


「これで、おれたちは、夫婦だ」皇子たちにかけられた呪いを解くため、西の都から淵国につれてこられたカナン。奇跡の実の力で二人の皇子の呪いを解き、カナンは婚約者となった善皇子と幸せな日々を過ごしていた。ところが、第三皇子・郷の姉が戻ってきたことで皇子たちとの王宮生活は再び大混乱に…。その上、郷皇子がカナンを妻にすると宣言して-!?西洋乙女と皇子たちが繰り広げる、中華風王宮恋愛ファンタジー。
(「BOOK」データベースより)


「淵国五皇子伝」シリーズ1作目では、第四皇子・善様、2作目では、第一皇子・律様の呪いが解け、今3作目の「はなかおる」では、第三皇子・郷様の呪いが解ける番となりました!

淵国の皇子5人の中で郷様が一番好きなキャラ。呪いのため姿は大体トカゲでしたけど・・・
普段トカゲの姿でのほほ~んとしてる雰囲気だった郷様ですが、人々の心の声が絶えず聞こえてくるという呪いは実は一番キツイかも!?しかも、他の皇子たちが知らない秘密まで抱えていて・・・
うんっ やっぱり郷様が一番好きなキャラかも~!と再確認

今のところ1巻で一人ずつ呪いが解けていってます。今回は、第二皇子・繁様の呪いも半分解けた気がしますが・・・
呪いを解くための奇跡の実を育てて皇子たちの手助けをするカナンも人として成長し、婚約者の善とも少しずつ距離が縮まってる感じ♥

5人の皇子の呪いもそうですが、そもそもこの呪いをかけた5人の皇子の母親たちのことも気になります。
父親である皇帝も実は人外っぽいですし。
死んだとされる5人の皇子の母親たちも実は魂は生きていて、朽ちた体の変わりに新しい体手に入れるために女性のたちを皇子の周りに集めているらしく・・・この辺りのことも毎回少しずつ明らかになっていくようです。

それにしても・・・毎回代替わりするたびに知能がアップしているらしい奇跡の実のラックは可愛い!


【送料無料】はなかおる
【送料無料】はなうたう
【送料無料】はなひらく


タグ : 一迅社文庫

人気ブログランキングへ にほんブログ村 芸能ブログ 男性芸能人・タレントへ にほんブログ村 美容ブログ コスメへ

20:58  |  アイリス  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2011.06/20 (Mon)

「海上のミスティア-白き女神と悪夢をつむぐ王-」

梨沙さん著 一迅社文庫アイリス「海上のミスティア」シリーズ第7弾
「海上のミスティア-白き女神と悪夢をつむぐ王-」


海上のミスティア 白き女神と悪夢をつむぐ王


海上の訓練校・ルティアナ号で、女神"ミスティア"として5人の騎士"ミタス"と共に船を指揮するエダ。船の修理のため立ち寄った火山岩の島で敵兵に遭遇したエダは、敵国に連れ去られてしまう。死を覚悟するが、敵国の少年王・カルツェはエダを周囲から隠し巫女殿で過ごすよう指示をしていて――。一方、ライハルトたちはエダを救出するため、カルアシャに向かうのだが……。海を駆け歴史を変える乙女の物語、第7弾!!
(「BOOK」データベースより)


前作の最後で敵に捕まってしまったエダ。
続きが非常に気になる終わり方だったので新刊が待ち遠しかった!

敵国であるカルアシャの事情が明らかになります。
なんとも“黒い”です。
カルマン家の娘であるエダに執着している感のあったカルアシャの少年王・カルツェは、国民のための未来を考える王。が、しかし・・・その為に自分たちのことしか考えない貴族連中の裏切りにあってしまうという・・・
敵国であるカルアシャの真実を知ったエダがこれからどうしていくのか、物語自体今後どのように展開していくのか、ますます楽しみになりました

カルアシャ側の兵士ジェフや科学者のベアトリスもなかなかいい味だしてるキャラ。
今後もエダたちと関わってくるような気がするし。

「海上のミスティア-白き女神と悪夢をつむぐ王-」のWEBで読める期間限定の特別番外編「彼の靴裏事情」は、予想通りクラークのお話でした。
本編でクラークがエダのために買った見事な装飾の靴にまつわるその後のエピソード。
変態だけど癒しキャラ!?クラークが登場するといっつもプッと笑ってしまいます。

「海上のミスティア」は、一人一人のキャラが個性的なところも面白い!


【送料無料】海上のミスティア(白き女神と悪夢をつむぐ王)


タグ : 一迅社文庫

人気ブログランキングへ にほんブログ村 芸能ブログ 男性芸能人・タレントへ にほんブログ村 美容ブログ コスメへ

14:44  |  アイリス  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2011.05/25 (Wed)

「茨姫は嘘をつく。」

本宮ことはさん著 一迅社文庫アイリス 「茨姫は嘘をつく。」
本のバックカバーにある紹介を読んでたら“傭兵・セルツァ”とあり、聞いたことあるなぁ~と思ったら・・・以前読んだ「宝石姫は微笑まない。」の続編にあたるお話しでした!

茨姫は嘘をつく。


砂漠の民の花嫁の衣は、朝焼けの空の薔薇色。神に愛されし娘は特別な力を持つ-。婚礼に向かう花嫁一行を護衛するはずが、身代わりの花嫁を護衛することになってしまった傭兵・セルツァ。護衛する内に、花嫁・ディンドゥルの従者・ティサが少女でありながら、男の振りをしていることに気付いてしまい…!?何者にも囚われなかった青年が一途な瞳に囚われたとき、止まっていた時が動き始める。花嫁とその従者、傭兵が織りなす運命の恋。
(「BOOK」データベースより)


「宝石姫は微笑まない。」は、“無口な大剣使い・ダリオンとクセのある性格の剣士・セルツァ。孤高の姫君と2人の傭兵が織りなす宝石ラブファンタジー(「BOOK」データベースより)”で、ダリオンはヒロインの宝石姫・ファーラを射止めた訳ですが、今度はセルツァの番!

女性にはとことん甘く、優しいセルツァだけど、本気の恋はしない。
そんなセルツァが選んだ相手は・・・なんと少年のフリをした14歳の緑を育むチカラを持つ少女!
年の差があり過ぎる感じで、いやぁ~ちょっと驚いたかなぁ~

でも、まぁダリオンとセルツァは好きなキャラだったので、「宝石姫は微笑まない。」の続編としては楽しめました


【送料無料】茨姫は嘘をつく。
【送料無料】宝石姫は微笑まない。

タグ : 一迅社文庫

人気ブログランキングへ にほんブログ村 芸能ブログ 男性芸能人・タレントへ にほんブログ村 美容ブログ コスメへ

14:01  |  アイリス  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。