FC2ブログ
2019年08月/ 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月
2013.02/10 (Sun)

「霧の都の恋人たち -貴婦人の恋は珈琲の香り-」

小田菜摘さん著 コバルト文庫 2013年2月の新刊
「霧の都の恋人たち -貴婦人の恋は珈琲の香り-」


霧の都の恋人たち 貴婦人の恋は珈琲の香り


裕福な地主の娘でありながら職業婦人に憧れ、看護婦になったアデライド。有能だが不器用な性格で友達がいないため、イギリス滞在中のエスニア公国の公子・クリスティアンが極秘入院する特別室の担当をまかされる。安静にしていなければいけないのに、夜会へ出席したがるクリスティアンにアデライドは反発を覚える。しかし、彼が夜会にこだわる本当の理由を知り…。
(「BOOK」データベースより)


小田菜摘さんの新作は、19世紀のロンドンが舞台の「霧の都の恋人たち -貴婦人の恋は珈琲の香り-」!

女は結婚して家庭に入ることが普通であり、理想とされていた時代に、新聞記者である職業婦人の叔母に憧れ、看護婦になったアデライド。

手に職を持つ事を尊敬し、どんな身分の者も職を得られるということは素晴らしいことだと考える、異国の公子・クリスティアン。

公子としての責務をまっとうしようとするクリスティアンのその人柄と価値観にふれ、職業婦人を目指しながらも自身も唾棄していた古い価値観に捕らわれていることを痛感したアデライド。

家庭に入るか、仕事を持つか、そんな二者択一できる人は裕福層のみ。
仕事を得たくても学ぶことができない貧民層の人からみると選択できることは、遥かに幸せ。
そんな時代に、きちんと学び看護婦となったアデライドは、高い能力を持ちながら、貧民層出身のために学ぶことができず、アシスタント止まりで仕事に対するやる気を失い辞めていった同僚や看護婦としての仕事を通じて、それませ漠然としていた思いを新たに、仕事を選ぶことを決意しますが・・・

それでも、やっぱり女の子!
仕事に生きる決意をしても恋だってするし、好きな人ができればその人との将来だって望んでしまう!

そんな中で互いに尊敬し合い、惹かれあったアデライドとクリスティアン。
けれど、世間の価値観やお互いの身分差を考えるとままならない恋で・・・

二人の恋の行方はどうなるのでしょうか。



【送料無料】霧の都の恋人たち [ 小田菜摘 ]


タグ : コバルト文庫 少女小説 ライトノベル

人気ブログランキングへ にほんブログ村 芸能ブログ 男性芸能人・タレントへ にほんブログ村 美容ブログ コスメへ

20:54  |  コバルト文庫  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2013.02/09 (Sat)

「贅沢な身の上-だからときめきが止まらない!-」

我鳥彩子さん著 コバルト文庫 2013年2月の新刊
「贅沢な身の上-だからときめきが止まらない!-」


贅沢な身の上 だからときめきが止まらない!


ザンネン皇帝・天綸の求愛を天然でスルーする妄想寵妃・花蓮。今日もいつものように後宮を抜け出して買い食い&冷やかし歩きをしていると、何やら訳ありそうな占い師と知り合い、押しかけで身代わりを務めることにー鬼神的占い師に華麗なる転身。しかもそこに恋愛相談に現れたのはー?表題作に加え、雑誌掲載作品&シリーズ原点となる短編版『贅沢な身の上』も収録。
(「BOOK」データベースより)



我鳥彩子さんの「贅沢な身の上」の新刊は短編集!

雑誌Cobaltに掲載された短編と書き下ろし+マンガ&シリーズ原点となる短編版「贅沢な身の上」収録と「贅沢な身の上」ファンには贅沢な短編集です。

花蓮のちょっと上品な口調で語られる、シリーズ原点の短編版「贅沢な身の上」は、本編の花蓮を知っているだけにそれだけで面白い!
シィファが実は男だった!という設定には、ビックリ。
本編の設定の方が元々の設定だったようで、短編版「贅沢な身の上」を掲載するにあたり変わったようです。

書き下ろしの「だからときめきが止まらない」では、桃花塾で花蓮と知り合った“不幸体質”のお嬢様・莉洵が登場!
不幸を呼び込む自身の体質により内気で後ろ向きな性格だった莉洵が、恋をします。
そんな莉洵の恋を応援する花蓮!?

「贅沢な身の上」は、短編で読んでも面白い!

本編の続きは、来月発売予定と2ヶ月連続刊行な「贅沢な身の上」。
楽しみです


【送料無料】贅沢な身の上(だからときめきが止まらない!) [ 我鳥彩子 ]



タグ : コバルト文庫 少女小説 ライトノベル

人気ブログランキングへ にほんブログ村 芸能ブログ 男性芸能人・タレントへ にほんブログ村 美容ブログ コスメへ

21:41  |  コバルト文庫  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2013.01/04 (Fri)

「悪魔のような花婿 -薔薇の祭典-」

松田志乃ぶさん著 コバルト文庫 2013年1月新刊
「悪魔のような花婿 -薔薇の祭典-」


悪魔のような花婿 薔薇の祭典


王妃エヴァンジェリンの操る魔法蜂の群れに襲われたジュリエット。その危機を救ったのは、魔法使いイヴニング・フェイスだった。彼は、王妃の肉体を乗っ取ったオールド・ローズの魂を封印しようとするが、反撃を受け、致命的なダメージを負ってしまう・・・!一方、弟王子のアランと対決していたリオンもまた、薬を盛られ、絶対絶命のピンチに陥っていた・・・!シリーズ史上最高のクライマックス!!
(「BOOKデータベース」より)


松田志乃ぶさんの「悪魔のような花婿」最新巻!「悪魔のような花婿 -薔薇の祭典-」。

なが~く続いていた“王宮編”が、やっと終わります。
なんというか・・・正直もう飽きていたので、やっとかぁ~という感じです

今回の主役は、イヴニング・フェイスかな。
なんというか、いつものいい加減なキャラの中に潜む切ない想いとか、リオンを一番に思う心とか・・・ちょっと見直しちゃいました。

リオンが、ピンチの時にイヴニング・フェイスを必死に呼ぶシーンも良かった。

王妃エヴァンジェリンの最後は、悲惨・・・

ウイリアムの呪いも解ける目処がついたよう・・・!?



【送料無料】悪魔のような花婿 薔薇の祭典 [ Ciel ]

タグ : コバルト文庫

人気ブログランキングへ にほんブログ村 芸能ブログ 男性芸能人・タレントへ にほんブログ村 美容ブログ コスメへ

00:00  |  コバルト文庫  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2013.01/03 (Thu)

「伯爵と妖精 -祈りよアルビオンの高みに届け-」

谷瑞恵さん著 コバルト文庫 2013年1月の新刊
「伯爵と妖精 -祈りよアルビオンの高みに届け-」


伯爵と妖精 祈りよアルビオンの高みに届け


再び結婚を決めたエドガーとリディア。だがエドガーの記憶が戻りそうな様子をみて、リディアは気をもんでいた。ロンドンの街を守護しているロンドン橋で魔力の気配を感じ、ふたりは橋へ向かうが、そこに待ち構えていたのはテランだった・・・。一方、妖精国に上陸したフランシスの前に、リディアの子だと名乗る少年が現れれる。少年は両親の危機を救うため、ある人の姿で二人のもとに向かうが!?
(「BOOKデータベース」より)


谷瑞恵さんの「伯爵と妖精」最新巻!「伯爵と妖精 -祈りよアルビオンの高みに届け-」。

テランにロンドン橋へおびき出されたリディアの危機を救うため、メローの宝剣の魔力を使ってしまうエドガー。
その事によって、エドガーの記憶が戻ってしまいます。

個人的には、エドガーの記憶が戻って良かったな~としみじみ思うのですが・・・リディアにしてみれば、複雑。

そんな二人の前に、驚きの人物が登場!
なんと、まだリディアのお腹の中にいるはずの、エドガーとリディアの子供!
しかも!なんの嫌がらせ(?)か、死んだユリシスの体を使い二人の前に現れるのですから、読んでるこっちも驚きです。

ユリシスは敵側のキャラですが、何故か憎めず、かなり好きなキャラではあったのですが・・・
まさか、こんな展開が待っていようとは・・・

まだ産まれる前から、自分の使命を全うしようとして悩み、苦しむことになってしまったエドガーとリディアの子であるアルヴィン。

そんなアルヴィンにテランやらプリンスを作ったフェアリードクターやらが接触してきて、かなり危険な感じで次巻へ続く。

長く続いた「伯爵と妖精」も次巻でいよいよ完結!
どんな展開の末のラストになるのでしょうか。
楽しみでもあり、寂しくもありますが・・・早く続きが読みたい!!



【送料無料】伯爵と妖精 祈りよアルビオンの高みに届け [ 高星麻子 ]


タグ : コバルト文庫 伯爵と妖精

人気ブログランキングへ にほんブログ村 芸能ブログ 男性芸能人・タレントへ にほんブログ村 美容ブログ コスメへ

21:06  |  コバルト文庫  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2012.12/23 (Sun)

「薔薇の純情 -背徳の黒き貴公子-」

響野夏菜さん著 コバルト文庫 2012年12月の新刊
「薔薇の純情 -背徳の黒き貴公子-」


薔薇の純情-背徳の黒き貴公子-


“教皇庁”所属で凄腕ヴァンパイア・ハンターのジェーンとアニー。理想の旦那様をさがすアニーと、ちょっと奥手なジェーンのもとに新たな依頼が舞い込んだ!依頼人は美貌のドルエイク伯爵。妹ナターリアが“K”と名乗るヴァンパイアに狙われているという。ところがジェーンとアニーが城に泊まり警戒する中、ナターリアが突如失踪してしまい!?ノワール・ファンタジー開幕。
(「BOOK」データベースより)


響野夏菜さんの新作「薔薇の純情 -背徳の黒き貴公子-」。

性格は正反対の凄腕ヴァンパイア・ハンターコンビのジェーンとアニー。
そんな二人へ舞い込んだ依頼は、美貌のドルエイク伯爵より、妹ナターリアが“K”と名乗るヴァンパイアに狙われているから妹を守って欲しいというもの。
早速仕事に取り掛かるジェーンとアニー。

実際に現れてたヴァンパイアは、ジェーンの描いたヴァンパイア祓いの紋章を見てスゴスゴと退散し、これで安心!と思った矢先にナターリアが失踪!
ヴァンパイアに襲われたと思われる状態で保護されたものの、ナターリアを救うためには、襲ったヴァンパイアを倒さなければならず・・・

奔走するジェーンとアニーとそんなジェーンとアニーに協力するのは、一匹狼のヴァンパイア・ハンターであるバトラー。

そんな三人の前に現れた美貌のヴァンパイアは、ジェーンのことを“プリンセス”と呼び・・・
自分が人間であることを願うジェーンの秘密は、深まるばかりです。

一方、事件の方はというと・・・
不老不死を願うドルエイク伯爵が、自分がヴァンパイアになるために仕組んだもので・・・


ジェーンとアニーのWヒロインといことですが、今回はジェーンがメインだったように思います。
その内、アニーがメインのお話しもあるのかな。

美貌の少女二人組みのヴァンパイア・ハンター!
面白かったです


【送料無料】薔薇の純情 [ 響野夏菜 ]


タグ : コバルト文庫

人気ブログランキングへ にほんブログ村 芸能ブログ 男性芸能人・タレントへ にほんブログ村 美容ブログ コスメへ

00:00  |  コバルト文庫  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
PREV  | HOME |  NEXT